スター・ウォーズ/STAR WARS エピソード3

シスの復讐

STAR WARS EPISODE3

作品名 … スター・ウォーズ エピソード3 / シスの復讐
製作年度 … 2005年(アメリカ)
上映時間 … 141分
監督 … ジョージ・ルーカス
出演 … ユアン・マクレガー、ナタリー・ポートマン、ヘイデン・クリステンセン、クリストファー・リー、他
封切… 2005年7月9日(土)全国ロードショー/約750のスクリーンにて上映!スゴイ!
鑑賞映画館 … 日劇PLEX
鑑賞日 … 2005年7月21日(木) 19;10〜

直線上に配置
あらすじ …
クローン大戦から3年。戦いは収束へと進む中、パルパティーン最高議長と
ジェダイ評議会に亀裂が起こる。ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーは、
ダークサイドに落ち、あの「ダース・ベイダー」となる。
本作では今まで語られる事のなかったいくつかの謎が明かされる。
特別ご鑑賞券・表裏 \1,300
表面デザインは3種類有り!
最高にカッコイイ!チラシ
ぜひGetを!
前売券を劇場で購入すると
「光る!ライトセーバーストラップ」が
もらえる(先着5万個限定)
まだ完成していないのか?
引換券を頂く。
5月上旬より引換開始と記載。

「光る!ライトセーバーストラップ」
2005年5月18日(水)Get!
スイッチONにすると画像のように
明るくなります。枕もとや車の中に
置いておくと便利ですね。
電池寿命:連続使用 約100時間
Get!したい方はお早めに劇場で
前売券をどうぞ。
映画/Movieのページへ戻る
感想 …

流石、超大作です!上映時間があっという間に過ぎてしまいました。
最後まで観客を魅了し続けるシナリオ展開に脱帽です。
まさにファイナルにふさわしい内容です。ファンが熱狂するのもわかります。

さて、本作の見所のひとつ、ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーがいかにして
ダークサイドに落ち、あの「ダース・ベイダー」となってしまったのかについても 納得 でした。
「愛する者を守りたい」、アナキン・スカイウォーカーのとった行動は理解できます。
そしてここに真の「ダース・ベイダー」が誕生しました。
そうか!「ダース・ベイダー」ってこうなっていたんだと。

映像に関しても素晴らしかったです。
特にオープニングでいきなり始まる空中戦は圧巻です。
「あ〜特撮ってここまで来たんだぁ〜」みたいな。

スター・ウォーズっていえば、多彩なキャラクター(マシーン含む)が魅力のひとつですが、
今作もいっぱい出ています。大満足です!
なんと、ジョージ・ルーカス監督まで出演しているなんて。。
個人的には「グリーバス将軍」が好きですね。声といい動きといいGood!です。
フィギュアを購入したいです。

いやぁ、本当に観て良かったです。
もし貴方がスター・ウォーズの今までの作品を観て、面白いとは思うけど、
それ程夢中にはなれないと感じているなら、このエピソード3で確実に気持ちが変わるでしょう。
「今までの作品を観ていて本当に良かった。これはマジでスゴイ作品なんだ」と。感動!!

ジョージ・ルーカス監督、夢のある作品を本当にありがとうございます。
ここまで制作して、技術(映像)的にもシナリオ的にも申し分なく全世界を釘付けにした映画作品は
はっきり言って スター・ウォーズ 以外には無いと断言できます。
できることなら、Z [ \ を観たい、観たい、観たいです。

最後に、このエピソード3をぜひ映画館の大きなスクリーンで皆様鑑賞して下さい。

write 2005年7月23日(土)
入場券
パンフレット ¥800

表紙のバックに「ダース・ベイダー」、
う〜ん!これだけでも購入価値あり。

ビジュアルが豊富でエピソード3に
登場しているキャラ(マシーン含む)の
紹介ページが充実。
個人的にはP24〜P25の見開きで
卒業アルバムのようなキャラ紹介が
わかりやすくて大好き。

他に、シナリオ紹介・アナキンとルーク・
作品アート・スタッフプロフと盛りだくさん。

資料価値的な要素も大変高いので、
この機会にぜひ購入を。