宇宙戦争

WAR OF THE WORLDS

スペクタクル超大作

作品名 … 宇宙戦争/WAR OF THE WORLDS
製作年度 … 2005年(アメリカ)
上映時間 … 114分
監督 … スティーヴン・スピルバーグ
出演 … トム・クルーズ、ティム・ロビンス、ダコタ・ファニング、ミランダ・オットー、他
封切… 2005年6月29日(水)全国ロードショー
鑑賞映画館 … 日比谷スカラ座
鑑賞日 … 2005年7月7日(木) 19:10〜21:25

直線上に配置
全国共通特別鑑賞券・表裏 \1,300
チラシ
前売券購入時に頂いた
「3Dポストカード」
数量に限りあり!
映画鑑賞報告書トップページへ
入場券
パンフレット ¥600
とても綺麗な表紙です。
トム・クルーズのビジュアルを中心とした
内容です。
スピルバーグ監督へのインタビューも
掲載されてます。
本作が気に入った方はぜひ購入を!

作品の感想:

まずトム・クルーズの露出度が高いです。最初から最後まで奮闘しています。
未知の生物による地球侵略・攻撃に対し、自分の子供達をかばい守りながら活路を見出す演技に拍手!
はっきり言って、あっと驚く(どんでん返しみたいな)シナリオ展開はありませんが、
未知の生物による攻撃から華麗?に逃れるトム・クルーズ親子達に
「そんなバカな」と思いつつも引き込まれてしまいます。
民間人であるトム・クルーズがどのように未知の生物を倒すのか?と思っていたが、
「あ、なるほどね」って感じの幕引きでした。
宇宙人達もよく描かれていて、ティム・ロビンスとの駆け引きも良かったと思います。

正直、この作品への賛否は分かれると思いますが、映画は大衆娯楽です!
深く考えず楽しめるところを楽しめばいいのです。
そう、人の意見ではなく、貴方の目で確かめ感じて下さい。ぜひご鑑賞を!

write 2005年7月8日(金)